日本YMCA同盟 寄附のご案内

皆様のご寄附が
YMCAの活動を支えます

YMCAは、すべてのいのちと、一人ひとりの生きる権利が守られる社会の実現を目指して、さまざまな活動を行っています。
困難な状況にある子どもたちに寄り添い、世界を見つめ地域に生きる青少年を育成するYMCAの活動のために、皆様からのご支援を心よりお願い申し上げます。

台風19号・15号被災地支援 ポジティブネットYMCA募金

2019年9月9日に千葉県を中心に猛威を振るった台風15号、そして10月12日に関東地方と福島県を縦断した台風19号により、広域にわたり甚大な被害が出ています。台風19号の被害は死者75人、不明者11人、堤防の決壊は52河川・73か所に上り(10月16日現在)、土砂災害や河川の氾濫など今も予断を許さない状況が続いています。不安な中にある方々に早く手が差し伸べられるように、そして一日も早く安全で安心な暮らしの復旧がなされるように、YMCA関係者一同、心よりお祈り申し上げます。 YMCAは、被災地でのボランティアワーク等の支援はもちろんのこと、中長期的な視野に立って人びとの困難に、特に日常生活を奪われた子どもたちに寄り添い続けます。コミュニティの復興支援を目指して、全国のネットワークや特性を活かした活動を展開していきます。 皆さまのご支援をお願い申し上げます。 <YMCAの行う主な支援> 栃木県、千葉県、埼玉県、群馬県、茨城県を中心に、全国のYMCAの協力のもと、支援活動を進めてまいります。 ・支援ボランティアワーク ・子どもたちへのレクリエーションや心のケア ・リフレッシュキャンプやプログラムへの招待 など <募金期間> 2019年10月17日(木)~2020年3月31日(火) *ポジティブネットとは「互いを認め合い高めることのできる、善意や前向きな気持ちによってつながるネットワーク」のこと。 YMCAでは、互いに支え合い、助け合う中から生み出されるエネルギーを、地域の希望に変える働きを進めています。

YMCA東山荘への寄附

東山荘がこれからも、子どもたちや青少年の出会いと学びの場所として魅力あふれる場所であり続けられるように、より充実したプログラムや施設、環境を整えていくための資金を「YMCA東山荘友の会」として募っております。ぜひ多くの方のご賛同とご協力いただきたく、お願い申し上げます。 募金額:3種類の中からお選びいただきます。 A 10,000円  B 5,000円  C 3,000円 *3種類以外での募金も有難く頂戴いたします。 *募金ご協力者は「YMCA東山荘友の会」の特典をご利用いただけます。詳細はYMCA東山荘HPをご覧ください。

YMCA国際協力募金

一人ひとりのいのちが大切にされる、ポジティブネットのある豊かな社会を創るためにご協力ください。 カンボジアの子どもへの教育支援、パレスチナの難民や心身が傷ついた人々のケア、各地の災害被災地支援、平和構築に向けての青少年育成など、世界に広がるYMCAのネットワークを通して取り組みます。下記は活動の一例です。

学生YMCAへの寄附

学生YMCAは、YMCA活動の中で、特に全国の大学・専門学校および学生寮を拠点にした学生中心の活動のことを言います。現在、全国に34のグループがあり(内10大学に学生寮、24大学に学内サークル)、約450名の学生が参加しています。学生たちは、他大学や国内外のYMCAネットワークにつながることによって、そのフィールドを学内から地域、全国からアジア・世界へと広げ、学習会からボランティア活動、フィールドワーク、国際交流・協力と多岐にわたる活動を続けています。125年以上続く学生YMCAの歴史の中で、多くの学生たちが、若者をめぐる問題や世界の課題と向き合い、「思いがけない体験や出会いや学び」に触れ、驚きや感動を重ねて、社会を担うリーダーシップとして巣立っています。

YMCAユースファンド

YMCAは、その使命や理念に共感していただける企業、財団、個人の皆様と共に、「地球市民の育成」「困難にあるユースの育成」また、「ユース・ボランティアリーダーの育成」を推進していくために、「YMCAユースファンド」という寄附金窓口を通して支援を行っています。

障がい児プログラム支援
国際賛助会-FCSC

全国のYMCAでは障がいのある子どもたちのためのプログラムを年間300近く開催しています。しかしこのプログラムに参加できているお子さんは若年層の障がい児全体のわずか1%。まだまだ長いキャンセル待ちリストができているのが現状です。皆様のご支援を得てもっと多くの子どもたちがプログラムに参加できるようにしたいと思います。

《寄附インフォメーション》

台風19号・15号被災地支援 ポジティブネットYMCA募金

2019年9月9日に千葉県を中心に猛威を振るった台風15号、そして10月12日に関東地方と福島県を縦断した台風19号により、広域にわたり甚大な被害が出ています。台風19号の被害は死者75人、不明者11人、堤防の決壊は52河川・73か所に上り(10月16日現在)、土砂災害や河川の氾濫など今も予断を許さない状況が続いています。不安な中にある方々に早く手が差し伸べられるように、そして一日も早く安全で安心な暮らしの復旧がなされるように、YMCA関係者一同、心よりお祈り申し上げます。 YMCAは、被災地でのボランティアワーク等の支援はもちろんのこと、中長期的な視野に立って人びとの困難に、特に日常生活を奪われた子どもたちに寄り添い続けます。コミュニティの復興支援を目指して、全国のネットワークや特性を活かした活動を展開していきます。 皆さまのご支援をお願い申し上げます。 <YMCAの行う主な支援> 栃木県、千葉県、埼玉県、群馬県、茨城県を中心に、全国のYMCAの協力のもと、支援活動を進めてまいります。 ・支援ボランティアワーク ・子どもたちへのレクリエーションや心のケア ・リフレッシュキャンプやプログラムへの招待 など <募金期間> 2019年10月17日(木)~2020年3月31日(火) *ポジティブネットとは「互いを認め合い高めることのできる、善意や前向きな気持ちによってつながるネットワーク」のこと。 YMCAでは、互いに支え合い、助け合う中から生み出されるエネルギーを、地域の希望に変える働きを進めています。

YMCA東山荘への寄附

東山荘がこれからも、子どもたちや青少年の出会いと学びの場所として魅力あふれる場所であり続けられるように、より充実したプログラムや施設、環境を整えていくための資金を「YMCA東山荘友の会」として募っております。ぜひ多くの方のご賛同とご協力いただきたく、お願い申し上げます。 募金額:3種類の中からお選びいただきます。 A 10,000円  B 5,000円  C 3,000円 *3種類以外での募金も有難く頂戴いたします。 *募金ご協力者は「YMCA東山荘友の会」の特典をご利用いただけます。詳細はYMCA東山荘HPをご覧ください。

YMCA国際協力募金

一人ひとりのいのちが大切にされる、ポジティブネットのある豊かな社会を創るためにご協力ください。 カンボジアの子どもへの教育支援、パレスチナの難民や心身が傷ついた人々のケア、各地の災害被災地支援、平和構築に向けての青少年育成など、世界に広がるYMCAのネットワークを通して取り組みます。下記は活動の一例です。

学生YMCAへの寄附

学生YMCAは、YMCA活動の中で、特に全国の大学・専門学校および学生寮を拠点にした学生中心の活動のことを言います。現在、全国に34のグループがあり(内10大学に学生寮、24大学に学内サークル)、約450名の学生が参加しています。学生たちは、他大学や国内外のYMCAネットワークにつながることによって、そのフィールドを学内から地域、全国からアジア・世界へと広げ、学習会からボランティア活動、フィールドワーク、国際交流・協力と多岐にわたる活動を続けています。125年以上続く学生YMCAの歴史の中で、多くの学生たちが、若者をめぐる問題や世界の課題と向き合い、「思いがけない体験や出会いや学び」に触れ、驚きや感動を重ねて、社会を担うリーダーシップとして巣立っています。

YMCAユースファンド

YMCAは、その使命や理念に共感していただける企業、財団、個人の皆様と共に、「地球市民の育成」「困難にあるユースの育成」また、「ユース・ボランティアリーダーの育成」を推進していくために、「YMCAユースファンド」という寄附金窓口を通して支援を行っています。

障がい児プログラム支援 国際賛助会-FCSC

全国のYMCAでは障がいのある子どもたちのためのプログラムを年間300近く開催しています。しかしこのプログラムに参加できているお子さんは若年層の障がい児全体のわずか1%。まだまだ長いキャンセル待ちリストができているのが現状です。皆様のご支援を得てもっと多くの子どもたちがプログラムに参加できるようにしたいと思います。